■たまだまさおの趣味で撮ってるフィルム写真
Photographsタイトルイラスト どちらかというと、カメラが趣味で写真は二の次なんですけどねカメラがあるので、撮ってみちゃったよ。という程度のモノです。

印旛沼公園の梅

印旛沼公園の梅
今年は大雪の当たり年でもあり、
まだ雪の残る肌寒い春先でしたが、
梅の花はしっかりと咲き始めていました。
枝上の小さな花に狙いを定めた短時間での撮影でしたので、
他には何も用意せず、200mmの長玉のみをねじ込んで挑みました。
◆Photo List
▼Photo001

Title : 白梅(その1)

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

枝先にとても小さくついていた花で、
空をバックしにしてしまうと花の色が見えなくなりそうと思い、
結構無理な姿勢で森を背景にあてがったアングルから撮りました。
ピンポイントのみにピントが来る望遠ならではの面白さです。
▼Photo002

Title :光る紅梅

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

とにかくコントラストが欲しかったので、
できうる限り背景を暗く設定してみました。
絞り込んだためか、若干手前の枝の空間性が損なわれた感がありますが、
タクマーの透明感とこのフィルムの特性が相まってか、割とキレイな感じに上がりました。
▼Photo003

Title : 梅花撩乱

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

せっかくピンポイントなフォーカスを作り出せるのであればと、
わざとゴチャゴチャしたものを狙ってみました。
もう1段開いても良かったかなとも思いますが、まぁまぁ狙い通りかなと…。
普段メインで使っている標準レンズとは違う世界観が面白いですね。
▼Photo004

Title : 桜は準備中

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

最初は気づかなかったので、雪の載っている枝が面白いかな、
と思ってファインダーを向けたら、雪の中から小さな芽がいくつも顔を出しているのが見えました。
なるほど、こういう時に長いレンズと一眼レフの組み合わせは被写体を見極めやすくて便利ですね。
▼Photo005

Title : 落ち椿

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

路傍にいくつもの椿がまだ色も鮮やかなまま落ちていました。
まだかなり寒かったのですが、春が近づいているということをはっきりと示している一幕です。
思ったよりもFotoProは絞り込むと発色が良いみたいで、
霜で湿り気を帯びた多彩な地面の様子が出ています。
▼Photo006

Title : 春先の印旛沼

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

望遠レンズだから遠くも狙ってみようと、
軽い気持ちで展望台からの無限遠でのショットです。
とてもらしい感じです。
カビの生えた中古ジャンクレンズを再生させた割にはシャープネスも必要十分にあって、これからも色々に使えそうと思わせるレンズです。
▼Photo007

Title : 頭上の紅梅

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

撮影中にわかに日が陰ってきたので、
チャンスとばかりに空をバックに紅梅を狙ってみました。
梅らしい色合いが出てきて、発色はこってり系ながらも全体的には爽やかな雰囲気になったと思います。
▼Photo008

Title : 紅梅図

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

つぼみだらけの木の中でちょこちょこと咲いているところがあったので、
絵的に面白そうかなと狙ってみました。
空間も色合いも自然な感じに仕上がって素直でキレイな画になりました。
▼Photo009

Title : 白梅(その2)

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

白い花を写真に撮るのはなかなか難しい。
と知っていながらも、であればこそやっぱり撮ってみたいと思うのは人の性でしょうか?
中央の花もそんなに悪くはないんですけれど、
左下の幹の湿った感じが予想以上に出ていて、
ちょっと面白い感じになりました。
▼Photo010

Title : フォーカス

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

かなり年期のいった感じのベンチと灰皿でした。
機械的に同じものが連続するので、ぼかし具合を確認するのにちょうどいいかなと思い、
開放値でのショットです。
四方に物が無いと200mmでも割と自然に収まるんですね。
ちょっと拍子抜けというか安心というか…。
▼Photo011

Title : 霜柱

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

最短撮影距離が2.5mと今時のレンズには無い融通の利かなさですが、
そこを楽しむのが単玉好きかと思います(笑)。
望遠レンズであれば同一平面の被写体であれば、結果はトリミングと同じという理屈ですから、
こういう場合は2.5m離れて撮れば、接写して撮っているのとほぼ同じ。
遊べますね。
▼Photo012

Title : 垂れ椿

Camera : Asahi Pentax S2
Lense : Super Takumar/200mm/F4
Film : Kodak FotoPro XL100

こういう空(くう)にある小さなものを捉えるには、
一昔前のコンパクトカメラではAFでもMFでも至難の業。
レンジファインダーでも背景との距離によっては難しい場合も多いです。
こういう時には一眼レフの便利さを感じますね。
あと、このフィルムとの組み合わせもこってりしていて好みでした。
▼関連情報
▼使用カメラ:Pentax S2
camera.jpg
▼使用フィルム
  1. Kodak FotoPro XL100


 <<前の記事 [ 養老川臨海公園 ]

▼ご用の方へ

イラストレーション作成ご参考はサイト内のコンテンツ"Works"をご覧ください。

イラストレーション作成のご依頼・ご相談については、 にて、お気軽にご相談ください。


©たまだまさお 2018