■たまだまさおの故障日記DX
Favoritesタイトルイラスト Mixiの日記でこっそり描いていたネタ『故障日記』のその後ということで、101からまた再スタートいたしますどこまで続くかわかりませんが、経済的にはあまり続かない可能性も高いかと…。

故障日記DX vol.102(Beaulleu 1028 XL60)

故障日記DX vol.102(Beaulleu 1028 XL60)
結論から申しますとですね。
故障汁出ているのは、今まさにワタシ自身でございます。
前回も出だしに何やら、愚痴とも、呪いとも付かぬような文面をごにょごにょと書き連ねておりましたが...。
調子悪い調子悪いと言い続けてたら、
今度は医者に「胃カメラやるから」
って言われましてね。
飲みました。
◆Sample images

結論から申しますとですね。
故障汁出ているのは、今まさにワタシ自身でございます。

前回も出だしに何やら、愚痴とも、呪いとも付かぬような文面をごにょごにょと書き連ねておりましたが...。

調子悪い調子悪いと言い続けてたら、

今度は医者に「胃カメラやるから」

って言われましてね。
飲みました。

胃カメラ

普段カメラの修理とかしてたけど、『胃カメラ』ってのは初めてです。
しかも、飲んじゃうんですよね。

カメラ」を...。

辛いとか、いろいろ聞いた事はあるけれど、
いざ自分がやってみてですね。

あれは、辛い...

いや、マジで。


願わくば二度とごめんです。
気分的には、エイリアンかなにかがクチから侵入してきて、お腹の中で好き勝手されている感じですか?

えーっと...。

わかりやすく言うと、

一寸法師

さしづめ、鬼の役みたいな感じですね。
しかし、胃カメラに「打ち出の小槌」をくれてやったりはしていません。

でも、その代わりに胃の一部をサンプルに「ぶつっ」ってちぎって持っていかれました...。

痛くないけど、わかるのね。
切る瞬間。

お腹の中で「ぶつっ」ってなるのわかるのよ。
まぁ目の前でカメラの映像プレビューされているの見ているから感じなくても、切った瞬間がわかる様になっているんですけどね。

いやぁ、なんといいますか。
自分の胃袋から中継されているっていうんですかね?
大昔の「ズームイン朝!」でニューヨークからの中継を思い出しましたよ。

「あぁ、ニューヨークは前日の夕方なんだなぁ」って具合に...。
(あんまり関係ないですね)

で、まぁ速い話が、十二指腸潰瘍の検査で、結果は限りなく黒に近いグレーといいますか、
「びらん炎」とかいう一歩手前の状況だったらしいです。

「あなたの歳で、これはねぇ、そうとうストレスでもあるんじゃないのぉ?」

とか医者に言われましたが、
この発言には、患者が九割方老人という田舎の病院ということもあるのだと思います。
おそらく都会の病院ではこの発言は望めないかと勝手に推測しています。

んで、まぁ薬貰って、ちぎった胃の一部の検査結果が2週間後だというので、今は待ち状態。
別に生活そのものを変えろという指示が出ていないので、相変わらず連日ストレスを蓄積しているといった有様です。

まぁそれはともかくですね。
人間の故障は医者に任せてですね。

ワタシはカメラの故障を直したいわけですが...。

潰瘍になりかけるくらいですから、そんな時間ないんですよ。
もう、泣き言ですけどね。

ホント無いの。時間が。

でもね、なんでかなぁ

なんでなんだろう?

不思議だなぁ...。


カメラ



なんか、増えてる...。




いや。





増え続けてる...。






増殖?繁殖?



今現在、正しい台数を把握しておりません。
もう、気を許している間にも、なんか増えてます。

例えるなら、

ドラえもんの「バイバイン」みたいなモンですか?

そのうち、宇宙をも飲み込む程増えかねない勢いです。(←勿論それはウソ)

しかしながら、増えて行くペースに収納が間に合わずに、あちこちにカメラが散乱している派のは事実。
んで、挙げ句に床に直置きだったりするものも現れはじめてしまいました。

そんな中で、今回のの元は、
仕事部屋で、たまに人の足の小指を攻撃してくる不逞の輩
(てか、床においてあってたまに、足の小指ぶつけちゃうのね...イタイよ。)

Beaulleu 1028 XL60

ってかですね。このカメラ...。

いつ来たの??


気付いたら、ウチの床に転がっていて、足にガンガンダメージを与えていらっしゃったのですが...。
ついぞいつから、ご在宅なされていらっしゃったのか...。

しかもですね。拾ってみると、

すげー汚いじゃん!

001.jpg

これは別にウチの床が汚いとかそういう問題ではなくて、このカメラ自体が元々来たときから汚かったんではないかと、思いたいわけですね。ワタクシといたしましてはね。

型番こそは、1000番台とエントリー機のようですが、痩せても枯れても、汚れても、足の小指に当てられても、

Beaulleu 」なんです。

そこは、「Beaulleu 」なんですわ。
わかります?「Beaulleu 」。

あの「Beaulleu」なんですよ。

失礼があっては行けないわけですよ。
なにしろ、あの「Beaulleu 」なんですからね。

ホントは、

4008ZM

とかに来て欲しいのですけれどね。

まぁとにかく、これじゃあまりにもあまりですので。
恒例の"アレ"ですか。

んで、お風呂上がり様に、さっぱりしていただきました。

改めて、

Beaulleu 1028 XL60

002.jpg

あら、改めて見ると、イイ男じゃないのぉ

みたいな感じでしょうかね?
レンズ交換のできない、エントリー機とは言っても、どこかしら、「Beaulleu」の気品と言うか、雰囲気が出ていて、おフランスでござーますわね。

今回はまぁクリーニングだけなので、その別になんですかね
あんまり"故障"的には語るべくもないんですけどね。

まぁこのカメラ、ウチに以前からいらっしゃる

故障日記DX vol.41(Beaulieu-5008S)

の弟分みたいなもんで、結構ごついサウンド機なんですね。
グリップの根元に、これまたごついマイクプラグが付いているのがわかります。

ちなみに、このカメラも今までに何台かありましたが、今は亡き、あの「200feet」巻きの長尺フィルムが使用できたんですね。フィルム室の天井を開くと、マガジンを搭載する事ができる様になっていました。

003.jpg

使う機会はあまりなさそうなカメラですけど、

胃の調子が治ったら、少し動かしてみてもイイかなぁ
(よくなるんかなぁ?)

▼ よくある質問珍問:Q&A

[Q1]
そっかー、検査しましたか...。
早い快復、俺なりに窓辺で祈ります。(効くか分かりませんが)

今回のカメラ、いかにも重量級だね。
[A1]
検査になりました。てゆーか最近、人生のうちでもまれに見るくらいのお医者通いが続いております。
もう近所の医者には、「また、おまえか?」くらいな対応をされていますよ。
せめてもの救いは胃カメラが、このカメラよりも小さかった事かな...。
[Q2]
自分がストレスを取り除けない分、カメラをすっきりさせるなんて、素晴らしいですね。涙なしには読めません。
「体から故障汁!!」
飛び出したらやばいです......。ほんとに大丈夫ですか?
仕事が楽になりますように...。
[A2]
カメラをすっきりさせてはみたのですが、やっぱり自分がすっきりしませんね。
故障汁は、全身からほとばしっておりますが、なかなか致命的な故障には至らず、
まだ稼働中なとことがウチのカメラ達と同じですね。
[Q3]
カメラ飲んじゃったかぁ。
体だけは大事にしてね。
早く治る事を祈ってる。
くれぐれも無茶せぬように。
[A3]
飲んじゃいましたよ。カメラ。
でも、敢えて言おう。「胃カメラ」はカメラじゃない!
あんなもん、カメラとか言うなって思いました。
スコープだよスコープ!
って切れてみたところで、切ないですね。

▼ご用の方へ

イラストレーション作成ご参考はサイト内のコンテンツ"Works"をご覧ください。

イラストレーション作成のご依頼・ご相談については、 にて、お気軽にご相談ください。


©たまだまさお 2018