■たまだまさおの故障日記DX
Favoritesタイトルイラスト Mixiの日記でこっそり描いていたネタ『故障日記』のその後ということで、101からまた再スタートいたしますどこまで続くかわかりませんが、経済的にはあまり続かない可能性も高いかと…。

故障日記DX vol.100(Macintosh ColorClassic)

故障日記DX vol.100(Macintosh ColorClassic)
こう見えても、小中学校時代では、算数は得意な方でしたよ。
まぁ高校の後半あたりからは、どっちかというと特異な回答をして先生を黙らせた事もしばしばありましたけれどね。
◆Sample images

こう見えても、小中学校時代では、算数は得意な方でしたよ。
まぁ高校の後半あたりからは、どっちかというと特異な回答をして先生を黙らせた事もしばしばありましたけれどね。

なんでそんな話がといいますか...。
なんかですね。数えたら、故障日記が100回になっちゃったんですね。

今さっき確認してみたら、第一回のネタは"Mac"だったんですね。
"8mm"かと思っておりましたら、"Mac"。それもベージュのG3でした。
故障日記vol.1

ちなみに、その「G3 DT-266」ですが、その後どうなったかと申しますと、
最終的にはOS10.3.9までアップグレードを重ねつつ、

故障日記vol.88

にて、どうも新しいデジカメがお気に召さなかったらしく、一度だけだだをこねたりしましたが、そこそこ順調に動いておりました。でもさすがに世間体というものもありまして、いつまでも課長さんに"ベージュMac"というわけにもいきません。

まぁ結局、

故障日記vol.90

で、課長さん専用機の座を「Macmini」に譲り現役を引退するわけで、
いまは立派に、「Macmini」の台座として、余生を過ごしております。

----------------------------------------

ウチにあるMacの中でも、消費電力量と騒音では、
だれにも負けないものを持っていた「DT-266」が、
Mac道を去っていく...。

それを引きもどす余力がないことをかなしく思った!

しかし その一方...、

あたらしくMac道をはしってくるものもいた!

----(まんが道「来る者去る者」よりフレーズを拝借↑)---

そう、そうして新たに我が家へやって来たのが...。

「Macintosh ColorClassic」

001.jpg

「古くなってるじゃんか!バカか?お前は...」

そういう周囲の心の声が聞こえてきそうです。

ええ、ええ、そのような罵倒も甘んじてお受け致しましょうじゃあ~りませんか。
そう!

この度我が家にやって来たNew Macは何を隠そう、
Macintosh ColorClassic
なんですよ。

わはははははは...



ぎゃははっはははははは...




うははははははは...、




ちゃんちゃらおかしいぜ!(←何が?)

世間じゃ、iMac、iMacって騒いでいるけれど、モニタ一体型MacというのはiMacの専売特許じゃないんだぜぇ。 「アルテミス」だって、「5500」や「LC575」だってあるんだぜ、だが、
そんな中でも忘れちゃいけない、この名前。
カラクラ
だぜぇ!
みんな覚えててくれよぉ

「カ・ラ・ク・ラ」

寂しいときや、かなしい時、心に隙間ができて、冷たい世間の風が通り抜けたり、水漏れで下の階の人に迷惑をかけるような事があった時など、そんなときは、この名前を思い出してくれ、(どっちかというと後者のときはクラシアンとかに電話した方が得策かもしれないけれど)。

みんな(※範囲は限定されますが)が幸せになれる呪文さ!

「カラクラ♪」

「カラクラ~♪」

まちがっても「II(2)」とか付けるなよぉ~。(逆にかなしくなるからね)

まぁそんな感じで仲間入り。ひとつよろしく頼むよ!
ってな感じ...。

なにを、よろしく頼めばいいのかは、結構悩みどころでもあるのですが...。
まずは電源投入だぜ...。

「ジャーン」

なんかくぐもった感じの暖かみのある(←プラス思考)起動音。
いいねぇ~。



......。



起動ディスクがないようです...。
OSが起動しません。

よくよく考えてみたら、買った時店の人に既に言われてました。

「HD壊れてますので...、その、起動しません。」

そうそう、こんなこともい言ってたな。

本当に買いますか?

相変わらず、失礼な店員だな!

「構いません。買います!」

と言い切ったら、スーパーのビニール袋に直接入れやがってからに...。
こんな重いもん、スーパーの袋で持てるかよ!(10.2kg)

古い古いと言われつつも、意外と新しいんですよ。実はね。
生産は1993年ですから、今からわずかに12年前です。
(参考1993年

"Apple I "なんて、1976年ですから、それに比べたらまだまだ、新品も同然じゃないですか。
「こち亀」の連載開始の年だしね。
(参考1976年

さらに意外なことに"DT-266"は、1997年ですから、"ColorClassic"との差は僅かに4年しかないんですね。
4年といったら、オリンピック1回分程度の違いです。
リレハンメルオリンピックに、"ColorClassic"を持って行ったMacバカがいたとすると、
次の長野オリンピックには"DT-266"を持っていくという事になるわけですよ。
次に会ったら"G3"ってくらい最近なんですよ。

少しは驚いて下さいよ。まったく...。

んで、話を戻しますけれど。

HDDが壊れているんなら、取り替えるのが手っ取り早いわけです。
早速、バラします。

002.jpg

まぁ歴史のあるマシン(さっき新しいとも言ったけど...)だから、バラしの情報はそこかしこにありますので、なんら問題はありません。感電に気をつけていればまぁ容易いものです。

当然と言いますか、まぁ知ってますけれど

"SCSI"ですね。

今時、内蔵の"SCSI"ドライブなんて...。

あったよ...。

あったらあったで、その...なんです、
アセりますね。

なんで、あるんだ?って。

自分でもホント不思議...。
オレんちってなんなの?なんでも(がらくた)あるのか?

バラしたついでに、筐体の清掃。
なにしろ、前の持ち主も相当長い事、放置していたと見えて、いろいろなモノの成れの果てみたいなものがこびりついておりました。

コーヒーの飛沫のようなものや正体不明の粘性のあるものや、シミのようなまだら模様などなど...。

とりあえず、家に置いておくモノとして、なんですので、

消毒

を行って後に、強酸性の「○○○○」などを用いて第一清掃。
乾燥後に、細かいところをアルコール系の「△△△△」を用いて、第二清掃。
一度乾拭きしてから、少々水分を含ませた柔らかい布で包んで、汚れを浮かせて、
中性洗剤と歯ブラシでブラッシング。拭き取って完了。

てな感じにして、ようやく人の手に触れてイイモノになりました。

キレイになって、HDDも載せ換えて。
新鮮な気持で爽やかに立ち上げてみましょう!

おおおおおおおお!
すばらしい...?。

FDに「?」マークです。

ワタクシもしばし、「?」マークです。

あ、当たり前か...。
OS入れてないじゃん。

傍らに置かれた27枚にもおよぶFD...
(よく見ればインストールディスクは2枚だけだけど)

覚悟を決めて、せっせとインストール作業をするも
どうもフォントの11枚目のFDがもうへたっているようで、そこから先に進めません。

ピンチです。

すでにここで2日経ってます。

は!?

よく見てみれば、薄っぺらい紙のケースに

漢字Talk7 CD-ROM」って...。

なんだぁ、CDからインストールできんじゃん(安堵)。

ちょろいちょろい...。



.........。





...?。







カラクラって、どこにCD入れるんだ?



ないじゃんか、CD-ROMドライブ!
(当たり前だけど)

じゃぁなんで付いてんだ?インストールCDがさぁ。

そういえば昔、どこかのMP3作成ソフトで、
「"iMac"対応」
とかパッケージに書いておきながら、中身開けたらFD1枚ってのがあったなぁ。
アレ見て、「アホか」と思ったけど、その元祖はこっちだったのかぁ...。

さぁて、SCSIでMacでも使えるCD-ROMドライブってあるのかなぁ?



...。





小一時間で3台出てきました。
どーなっているんだこの家は?

まぁ便利でいいけどね。

結構一筋縄では行かなくて、いろいろ工夫してCDからインストールしましたが、 なんとか、無事完了!

「漢字Talk7」で見事蘇りましたぁ。

さぁて、何に使うんだ?コレ?

と、あれこれやって数日後...。
銀座から、謎の箱が運ばれてきましたのです。

003.jpg

そう、ヤツが...。

▼ よくある質問珍問:Q&A

[Q1]
カラクラ、なんかこう「2001年宇宙の旅」風なボディにかえって現行機以上の新しさを感じる。イイすね。
12年前ってったら、俺の家と同じだ。若いね、若いよ。
まあ、家も、端から少しづつガタが出る年頃ではある。
消毒、念入りで感心。なめても大丈夫だね。
[A1]
カラクラのデザインはそれなりにすばらしいと思いますよ。
時間が経っても古く感じない。無駄のない形態というものなんでしょうなぁ。
外側は、消毒しないといけないほどに汚れておりましたが、中身はHDDの交換だけ(正確には内蔵電池も換えてますけど)で動いたので、まぁ12年の割にはとても状態がよかったですね。
なめるのは、どうかと思うけども...
[Q2]
いいな~カラクラ
メンテ終了したらウチまで送ってください。
[A2]
修理代と本体実費を着払いでお送りします(笑)?
でも、何につかうんですか?
[Q3]
100回記念(?)も気合い入ってますねf^_^;
カラクラ(まあ、IIのほうかな)はオールインワン、省スペース好きな僕には憧れでしたね。
謎のノートレビューが楽しみです♪
[A3]
100回というのは区切りになるのかと思っていたのですが、以外としらけてしまった感じです。
カラクラを省スペースというのは、今となってはいささか疑問ではありますが、憧れる気持ちはよくわかります。
いっそ、どうです?お一つ?
[Q4]
祝百回おめでとう♪いよいよカラクラ道が始まるのね。
[A4]
カラクラ道は、正しくはマック道の途中過程でしかありません。
ここを超えてみんな大人になるのです。
それより、まだ仕事終わんないんですけど...。
だれか助けて...。

▼ご用の方へ

イラストレーション作成ご参考はサイト内のコンテンツ"Works"をご覧ください。

イラストレーション作成のご依頼・ご相談については、 にて、お気軽にご相談ください。


©たまだまさお 2018